こんばんは。
ユウジです。

今回は夜や昼間や夕方など、時間帯を考えて歌詞を作るというテーマの記事となります。

いろんな歌をバリエーション豊かに作るためには、いろんな観点で歌詞が書けたりすると良いですね。

歌詞だけではなく、曲のイメージもそうなんですが、

時間帯を考えてみると歌詞のイメージが拡がるかもしれません。

どういうことかと言うと

・夜の曲なのか?
・昼間の曲なのか?
・夕方の曲なのか?

決まって来るだけでも、歌詞のイメージが浮かんで来ます。

スポンサーリンク



夜の曲

夜のイメージは昼間よりは深い世界になりそうですね。

夜は魔力を持っていると思います。
みんなが寝静まる深夜に曲を作るアーティストも珍しくないです。
むしろ夜のほうがインスピレーションが湧いて来て、作詞や作曲が進むと言う人も多いですね。

今回の記事のテーマにそって話しますと、この夜の不思議なイメージを曲に取り入れると言うことです。

夜も幅広くある

夜も幅広くあります。

夜も午後19時も陽が落ちているので、夜と言えますし
深夜2時も夜と言えます。

夜のイメージの例

 

・月が浮かび静かな散歩道

・ざわめく人混みに紛れて知らない街の中に独り

・眠れない夜にギターをつま弾けば蘇る記憶たち

・星空に浮かべた君の笑顔

夜をテーマに考えると上みたいな感じのフレーズが出て来ますね。
ワンフレーズ出ると続けて連想的に次のフレーズも出て来たりするものです。


こうして作詞などは特に時間帯が決まるとイメージが浮かびやすく書きやすいのです。

作詞しようとした時に、最初何を書いて良いかわからない人は、曲の「時間帯」を決めると良いかもしれません。

夜は静かな美しいバラードから、ミステリアスな雰囲気な歌詞まで合いますね。

僕の曲も夜の曲は多いですね。

昼間の曲

昼間の曲、歌詞はどちらかと言うと賑やかな感じですね。
穏やかな感じもあります。

自分だったら元気な歌詞を作りそうです。

昼間の歌詞 例

・のんびり休日に仔犬と陽だまりの中

・噴水の水がきらきら 太陽の下 ベンチに君と座ってるよ

・雨の午後 小さな子供は水溜まりでジャンプしてる

・昼寝してる猫を起こさないように扉を開けて出発しよう

昼間がテーマにするとイメージが湧いてきますね。
僕の場合は昼間はのんびり気分の曲になりそうです。

夕方

夕方は夜にない切なさがありますよね。
太陽が落ちてゆく時に、何かもの寂しく感じる人も多いと思います。

黄昏、茜空、夕暮れ、夕闇、トゥワイライト、など夕方を表す言葉もきれいです。

夕暮れの空は夜空とはまったく違う世界観を放ちます。

夕方の歌詞 例

・黄昏にすべてが染められてゆく
一瞬だけ何が大切か見えたんだ

・夕闇に君の顔も見えづらくなってゆく 「大丈夫ここにいるよ」って

・夕暮れの改札口 無表情でみんなどこにゆくんだろう

夕方が歌詞の時間帯ですね。
僕が夕方の歌を作ると少し切ない感じの曲になることが多いです。

スポンサーリンク



朝の歌もあります。
これから旅立つようなイメージにもなりますし、
気だるい月曜日の朝みたいなイメージもありますね。

僕も朝の曲は少ないですけどあります。

早朝

早朝は朝焼けとか出てくる感じですね。
昔は友達と朝まで話してたりとか普通にあったので、その時の朝焼けとか優しく見えた記憶があります。

ミスチルにもサビが朝焼け~の♪ で入る曲がありますね。

まとめ

今回は時間帯のイメージから歌詞を書く方法でした。

歌詞は何を書いてもいいよ!と言われると初心者は逆に迷ってしまうことがあります。

その時に、どの時間帯の歌詞を書こうか決めるだけでも、作詞が進むはずです。
夜なら夜を表すものや状況が見えたり、夕方なら夕方を表すイメージが浮かびやすくなります。

ぜひ試してみてくださいね♪

この記事の下にある僕のyoutube音源も朝と夜の歌になっています。

スポンサーリンク