こんにちは、YUTA TANAKAです。管理人にソロギターのカテゴリーを任されて記事を書いています。
今回はソロギターを始めて間もないあなたのための記事です。

 

最初に練習すると良い練習方法

今日はビギナー向けソロギターの基本ということでお話しさせて頂きます。
まず最初はローコード(基本的なコード)だけで十分です。
そしてソロギターはメロディーを弾くため左手の動きが少し必要になってきます。
指で弾くので左手と右手がリンクする必要があります。

やりたいソロギターの種類にもよりますが、僕の場合3フィンガーを基本としてきました。
3フィンガーというのは親指、人差し指、中指を使ったフォークソングやカントリーなどの歌伴奏で使われる指弾きのアルペジオです。

これがしっかり出ていると安定した指弾きができるようになります。ソロギターのあらゆる奏法において基盤となるものだと思ってます。

 

メロディを立たせるコツ

歌伴奏などではこれでいいのですがソロギターとなるとメロディをたたせる必要があります。

僕自身いろいろ試してますが、重要なポイントはやはりメロディとなる3、2、1弦の音を意識すること。

個人的にこれがもっとも重要だと思うもう一つは6、5、4弦のベースは若干弱めに弾く事です。
もちろん時と場合によりますが、ベースの音というのは弱めに弾いてもちゃんと聴こえますし、あくまでも主役はメロディです。
メロディを強く弾こうと意識するよりもベース弦を若干軽いタッチで弾く方がバランスよく弾けると思います。余計な力が入ってしまうといい音が出ません。

ソロギターの右手について

ソロギターの右手についてですがこれはソロギターに限らず、ギター弾く人全てに当てはまる事です。

それは脱力です。

力をいれずにリラックスした状態を保つ事が大事です。
強く弾く時は瞬発的に力をいれればいいのです。
ギターは小さい音と大きい音の音量の幅(ダイナミクス)をもたせる事で聴き手を惹きつける事ができるし、ソロギターの場合はより音楽的にストーリーを持たせる事ができます。

はじめから強く弾いてしまうとダイナミクスが無くなってしまうので単調な演奏になってしまいます。強く弾くより弱く弾く事でダイナミクスをつける意識をしましょう。

右手の指の役割

基本的に親指で6、5、4弦を弾き、3、2、1弦を人差し指、中指などで弾くイメージです。僕の場合は薬指も使いますがこれといって決まりはないので「親指でベース弦を弾く」という意識で十分だと思います。

右手のフォーム

ソロギターの場合基本的には指が弦に近い方がいいと思います。
僕の場合親指を6弦、人差し指を3弦、中指を2弦、薬指を1弦に近いとこに置いてます。
クラシック、ブルースやカントリーなどスタイルよってフォームが違うのでこれは自分の弾きやすいものでいいと思います。ただし脱力は忘れないでください。

 

ソロギターの左手について

ソロギターの場合ベースの音とメロディーを弾くので通常のコード弾きとは少し違います
。コードのベース弦のルート音(主音)を覚えておくと役に立つと思います。
まずは基本的なコードの中でメロディーを弾く練習がいいかと思います。

僕の場合左手は動きというよりは「頭」のイメージです。
もちろん弦は左手の指で押さえますが、曲を右手の動きで進めることはできません。
左手でコードを弾いていく事で曲が進んでいきます。
次のコードを予測したり、どうするかは「頭の中」で考えているはずです。頭で考えた事を左手に伝えます。
なので左手は「頭脳」の要素が強いかと思います。

左手でメロディを歌わせる

左手は「頭」で考えた事を主に伝えることが多いですがもちろんメロディを歌わせるのに様々なテクニックを使う事ができます。

例えばハンマリング、プリング、チョーキング、ビブラートなどです。
これらのテクニックも個性が出やすいものですし、メロディを歌わせるのに必要なテクニックです。
個人的に大事だと思っているのがビブラートです。

ソロギターをやっている人であまり使っている人はいませんが僕はよく使います。
結局こちらもどうメロディを歌わせるか考え、左手に伝える事になります。

右手と左手

 

ギターを弾くということは必然的に右手と左手を使うので、右手と左手のシンクロを意識して練習するといいと思います。
右手の動きと左手の動きがリンクするのは時間がかかるかもしれませんが、慣れてくると同時にいろいろな事が考えられるようになると思います。

 

YUTA TANAKAからギターを始めたばかりのあなたへのメッセージ

はじめは指も痛いし、思うようにいかない事もありますがやはり続ける事が大事です。
一日10分でもやると確実に上達すると思います。

僕は16歳くらいから本格的にギターをはじめましたが大学受験中半年以上はギターを弾く時間がほとんどありませんでした。

しかし寝る前の10分間毎日同じ曲(前回ご紹介したAnjiという曲)を練習していました。この曲は今でも好きな曲ですし、これが基礎となり今があると思っています。

YUTA TANAKA

・FACEBOOKなどのリンクツリー https://linktr.ee/yutatanakamusic

海外で活動するソロギタリスト。優しいバラードと味わい深いブルースの二面性を持つオリジナル曲は聴いている人を癒す力を持つ。
洗練されたメロディと唯一無二のコードヴォイシングセンス、卓越したハーモニーアレンジセンスは一回聴いたら印象に残りクセになる。

当音楽サイト管理人 

YUTA TANAKAのYOUTUBEチャンネルはこちら⇒