こんにちは。

今回はオンコード、分数コードと呼ばれるコードの解説をします。
G/Bを歌本などで見たことがあると思います。

スポンサーリンク



オンコード、分数コードの仕組み

呼び方としては、オンコードでOKです。
分数コードという人もいます。
基本的には同じものです。

これはコードのベース音が違うということなのです。

なのでGだとベース音はGになりますが、
G/BだとBがベース音になります。
GonBと表記されることも多いです。
Bの上にGが乗っているということですね。

・ギター、ピアノでの押さえかた

このオンコードですが、
実際どんな時に使われるのでしょうか。

オンコードの使い方

オンコードが使われる時は、何パターンかあります。

・ベースの繋がりを良くしたい時

・ペダルポイントとしてベースを固定するアレンジの時

・通常のコードでは出ない響きを出したい時

だいたいこの3つかなと思います。

では上から解説してゆきます。

・ベースの繋がりを良くしたい時

例えば

C    |G     |Am    |Am           |

というコード進行がよくあります。
この場合、ベース音を見てゆきますと、
あまり繋がっていないのがわかります。
これはこれで成り立っていますが、
もっとベースを滑らかに繋げた方が、
曲の雰囲気が美しくまとまることが多いようですね。

C    |GonB   |Am         |Am onG     |

こんな感じにベース音が滑らかに繋がりました。

・ペダルポイントを使うアレンジの時

これはベース音は一か所に固定して、上のコードだけが動いてゆきます。

Am      |G onA      |F onA      | G onA    |

こんな感じでAでベース音を固定して、コードが動いていますね。
このアレンジをすると、普段使っているコードがまた違う聴こえかたがします。
ベース音を動かさないのがペダルポイントです。
このペダルポイントのアレンジはたくさんあるので、
また個別記事にしたいと思います。

・通常のコードで出せない響きを出したい時

これは例えば、
F    |G       | Em          | Am       |
のGをオンコードに変えてみます。

F    |G/F         | Em          | Am       |

※画像以外にも他に、押さえかたはいくつもあります

今回はあえて別の表記で書いてみました。
このG/Fがこれに当たります。
この進行も定番ですが、この二つめのコードを入れるとまた雰囲気が変わります。

 

C     |Am           |Dm7          |G               |

このコード進行もGの変わりに、Dm7onG、Dm7/G(Dm/GでもOK)を代わりに使うことができます。

C     |Am           |Dm7         |Dm7/G         |

このDm/GだとまたGとは違う複雑な響きで綺麗な雰囲気になりますね。
オフコースなんかはこのコードが非常に多いです。
普通にGにいかないでDm/Gに行くこともできると覚えておいてください。
バンド編成ですとベースパートがいますので、
ベース音のGを入れずにギターやキーボードはDm7を弾けばOKです。

 

オンコード、分数コードの特徴

特徴としては、響きがおしゃれな感じになると思います。
どこか複雑な響きがするので、曲に彩りを与えることができると思います。
使わない曲もたくさんありますし、使ったほうがすごいとかはないんですけど、
アレンジの幅として使われることが多いようです。

まとめ

今回はオンコード、分数コードを解説しました。
いつも使っているコードがベース音の配置によって
全然違うコードの響きになりました。

ピアノやバンドだとどんどん使って行けます。
ギター単体だと楽器の構造上押さえるのが多少大変なオンコードもあります。

では、このオンコードを理解して、
あなたも使ってみてくださいね!

 

・合わせて読みたい記事

⇒add9(アドナインス)コードを使おう 9thとadd9は違うのです

⇒A♭⇒B♭⇒Cのようなコード進行 ビートルズっぽいコード

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク



同じカテゴリーの記事