こんにちは。
ユウジです。

今回の音楽サイトは、
スピーカーとイヤフォン、ヘッドフォンについての内容となっております。

音楽にはいろんな聴き方のスタイルがありますので、今回はそこらへんのお話となっています。

スポンサーリンク




・同じカテゴリーの記事

音楽の聴き方

蓄音機ができる前は、実際の生の演奏を聴くしかありませんでした。

エジソンが蓄音機を発明してから、実際ミュージシャンがその場で楽器を弾いていなくても、音楽を聴けるようになりました。
これは偉大な発明だと思います。

時は流れ、人々はレコードを聴くようになりました。
ドーナツ盤ってやつですね。

そして、さらに時代は進化してCD、MD
そしてMP3などをプレイヤーで聴く時代が来ました。
音楽がデータとして扱われるようになったってことですね。

それと同時に、音楽はコピーをしやすくなり、簡単にCDの音源と同じ複製を作れるようになりました。
同時にYOUTUBEをはじめとした、動画サイトが出て来て、簡単に視聴できるようになりました。

音楽は売れなくなったと言います。

ですが、イヤフォンをしている人をたくさん見かけます。
電車内でもイヤフォンをしながら、スマホで音楽を聴いている人もいますし、
カフェでも、イヤフォンをして音楽を聴いている人が多いです。

CDが売れなくなったとしても、音楽を必要としている人はかなりいるのではないかなと思います。
昔より増えたのではないかと思うくらいです。

 

イヤフォン文化

僕もよくカフェでとなりの人の会話が大きい時は、イヤフォンで音楽を聴いたりします。必需品です。

このイヤフォンはウォークマンから始まったそうです。
っこれは画期的なアイディアだったと言えます。

僕もイヤフォンで音楽を聴くのも好きです。

ヘッドフォンも同じですね。
ヘッドフォンはイヤフォンより、さらに迫力ある音楽が個人で楽しめるのは、すごいと思います。
音源作成をする際は、よくヘッドフォンを使っています。

 

今はワイヤレスもありますし、移動中で聴けたり、便利になりました。

関連記事 ⇒QCY-QY8【bluetooth搭載ワイヤレスイヤフォン】のレビュー、評価、感想

でもこの素晴らしいイヤフォンやヘッドフォンですが、
この音楽の聴き方だけだと、ちょっともったいない気がします。

スポンサーリンク



音楽は体で聴くものでもある

 

音は空気を伝って来る音波と呼ばれる振動です。

音楽は体で聴くものでもあります。
耳だけで音楽を聴いているんじゃないの?と思うかもしれませんが、
実際は、体でも耳でも聴いています。

この音楽サイトはミュージシャンの方が多いので、よくわかると思うのですが、
ギターを弦を慣らしたりすると、体の方まで弦の鳴りが伝わって来ます。

これもギターの弦がボディ内で響いて、体で音楽を聴いているからです。

エレキギターを機材につないで、ヘッドホンで聴いても、あまり高揚しません。
エレキギターもやはりアンプにつないで、ドーンと出した時に音が気持ちいいわけです。

 

空気を伝わる振動なら、体にも伝わって来ます。

一番わかりやすいのが、低音でその振動は、隣の部屋から響いてくるくらいです。

ライブなどでは、ベースやドラムのバスドラは、体でその音を感じます。
その低音の震えが、体にボンボンと届いて来ます。

イヤフォンはそれがわからないかなと思います。
大きな音で聴けて僕もイヤフォン好きですなんですけど。

でも時には、イヤフォンではなくて、スピーカーで聴くのも楽しいですよ!
と言う話です。

本当に好きな曲は、スピーカーで聴くという人もいるくらいです。

イヤフォンやヘッドフォンではわからない細かい音も、
スピーカーだと聴こえてくることがあります。

音源作成の際は、ヘッドフォンで聴いたり、モニタースピーカーで聴いたりしながら、ミックスしてゆくことが基本です。

 

スピーカーで聴くと空気感を感じる

 

少し前に、友達の家で、レコードのビートルズを聴きました。
本当に音がいいので、驚いてしました。

父親の持っていたレコードだそうです。

もう50年くらい前の音源なので、音の空気感が伝わってきます。
なんで今の音楽はこの良い音を使わないのかと感じました。

僕は今の音楽は、音質がどこか機械くさく、あまり好きではないのです。

それもレコードは周波数をそのまま、録音していると人に聞いたことがあります。
CDは周波数の上と下をカットしているそうです。

CDで聴いた時の、ビートルズと違うと感じたので、
レコードとCDでは、音質が違うのではないかなと感じます。

人間の耳では聴こえない周波数なのでカットしたのだと思いますが、
空気感として体が感じているのではないかと思います。

このレコードを聴いた時に感じたアナログ感が好きでした。

音楽は空気感も込みで音楽なのではないでしょうか。
イヤフォンやヘッドホンだとその空気はなかなか感じられません。

スピーカーで聴く音楽もとても良いものですので、日頃イヤフォンでしか音楽聴いてないよ!という方は、これを機にスピーカーでも音楽を聴いてみてくださいね。

まとめ

今回はイヤフォンだけではなく、スピーカーでも音楽を聴こうという内容でした。

僕もイヤフォンや、ヘッドフォンは大好きです。

そしてスピーカーで聴く音楽も大好きです。

今回は耳からも体からも音楽を聴くという内容でお届けしました。

スポンサーリンク



・同じカテゴリーの記事